読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンが株に目覚めて配当で生活できんのか?

経済オンチで財務諸表も読めないサラリーマンが株に目覚めました。 将来は配当金だけで生活できるセミリタイヤを目指すブログです。

トランプ就任後を見据えた今後の投資戦略

経済・投資つぶやき
トランプ次期大統領の決定後からドルが高騰し円安が止まりません。
 
現時点(11/19) で110.79円まで円安が進み、日経平均も円安につられてなのか
17,967円まで高まり18,000円が目前に迫ってきました。

アメリカ株をメインに投資しているので円安は歓迎したいんですが、現在のドル高騰は
トランプへの期待から膨らんだぷちバブルと思うので今後の経済動向を念頭に
置きながら投資戦略を考えてます。



◆トランプ次期大統領決定後の経済動向

選挙戦後の直近の動きとしては金融セクターが値上がり、ITセクターが下っています。
これはトランプ就任後の政策を見据えた動きのようですがITセクターが下っている決定的な
要因はわかっていないようです。

ただ、移民政策について多く言及しているのでITセクターが悲観されているのが影響しているかもしれません。
 



また、今年の経済イベントはやっぱり利上げですかね。
 
大統領戦後の株高とドル高から市場の勢いも出ているのでイエレンさんも利上げしやすい状況になったんじゃないでしょうか。また、利上げしても現在のぷちバブルが弾けることもなさそうなので絶好のタイミングがやってきたんじゃないでしょうか。

トランプの大統領就任は来年なので選挙選で吠えていた政策や威勢のいい言動が
就任後も継続できるのかお手並み拝見です。


◆投資戦略あれこれ

今後の経済動向を見据えて投資をどうするかなんですが、結局は今まで通り
コツコツ高配当銘柄を買う方針は変わらないですね。

ただ、元々興味があった人工知能に関連する企業のグーグル、フェイスブックマイクロソフト、アップルは大統領選で影響があるか気になるので株価を監視中です。 

本命のグーグルが気になっていますが今ところ株価に大きな動きはないですね。

アメリカ市場はトランプ就任後の3~4カ月後くらいでぷちバブルが落ち着くと考えると
17年5月くらいから市場に動きがでると考えています。

日経平均も急騰したのでまた日経平均ダブルインバースを
仕込む時期がきたのかもしれません。