読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンが株に目覚めて配当で生活できんのか?

経済オンチで財務諸表も読めないサラリーマンが株に目覚めました。 将来は配当金だけで生活できるセミリタイヤを目指すブログです。

実践!TOPIX修正積立投資法

経済・投資つぶやき
いくぽんです。

普段から投資や経済の勉強のため、投資系ブログはチェックするようにしています。
 
投資系ブログのブロガーの方は意外にも本業が金融と関係無い人も多いので、
システムエンジニアをしている零細個人投資家としては親近感を感じるんですよね。

一方で投資額や知識が素人とは思えないブロガーの方もいて、
全く親近感がわかないブロガーの方もいますが・・・

チェックしているブログの中に龍谷大学の教授をされている竹中正治氏のブログがあります。
竹中氏の著作も熟読していて、ドル円の割安割高の考え方や株式と国債の関係など
他には無い実践的な投資手法が紹介されていて非常に勉強になります。

そんな竹中正治氏がロイターに寄稿された記事にTOPIXを定期購入し、
投資パフォーマンスを向上させる投資法が紹介されていました。





投資法はざっくり言うとこんな感じです。

1. TOPIXの過去5年の移動平均値を算出する
2. 移動平均値の上下30%以内であれば定期購入継続
3. 移動平均値の30%以上であれば定期購入の5倍売り
4. 移動平均値の30%以下であれば定期購入の5倍買い

TOPIX修正積立投資法と名付けられたこの投資法は機械的な投資方法でパフォーマンスを
向上させることができるので、
忙しくて個別企業の分析ができない方や個別銘柄はリスクが
高いと考えTOPIX日経平均に投資したい方に
合った投資法だと思います。

ぼくも最近個別銘柄の分析を怠っているのでBrexitで円高株安となって時にTOPIX指数と連動するETFを購入しました。

TOPIX連動型投信(1306)
購入数:10口
購入単価:1250

7/8(金)から一気に円安株高となったので今のところは含み益がでていますが、
この投資法は10年以上のスパンで移動平均値のトレンドを見極める必要があるので
一喜一憂しないようにしています。

竹中氏を参考にして毎月第一週に10口づつ定期購入するルールで積立てみます。