読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンが株に目覚めて配当で生活できんのか?

経済オンチで財務諸表も読めないサラリーマンが株に目覚めました。 将来は配当金だけで生活できるセミリタイヤを目指すブログです。

ビックデータを活用したヘッジファンド

その他・雑感

http://forbesjapan.com/articles/detail/12671

IT業界に身を置いているのでビックデータとかクラウドとかのIT用語は日常的によく耳にします。

2年前くらいからIT業界では大量データを分析し経営戦略に活かしたりユーザの趣味嗜好が
把握できたりするビックデータというキーワードが流行っていました。

当然、ぼくの会社でもビックデータを使ってみようということになり高価なコンサルティングを雇い、
大量データを蓄積・加工できるシステムを構築しました。

できたシステムは高性能なはずなんですがビジネスに役立つ分析ができる人材がいなかったので
宝の持ち腐れになってしまいました。

ビックデータを活用した『ツー・シグマ』というファンドが密かに高収益を上げている記事を読んで
そんな過去を思い出しました。

ファンドマネージャーのオーバーデック氏は16歳で国際数学オリンピックで銀メダルを獲得する
天才なので投資分析はピカイチなんでしょうね。
 
過去14年間で12億回以上もトレードしていて、ビックデータを活用するには人材がキモとなる良い事例ですね。

零細個人投資家としては秒単位でのトレードでは打ち勝つことはできないので、
10年以上の超長期のレンジで投資をする方針は間違っていないと改めて確信しました。


最後にファンドマネージャーが言ったことばでが印象的です。 


いずれは人間のファンドマネジャーがまったくコンピュータに打ち勝てなくなる時代が来るだろう
 

これからはビックデータのシステムを利用するのも人工知能のコンピュータになるんですかね
天才でも勝てないコンピュータ時代の個人投資家はどうすればいいんでしょうか・・・・