読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンが株に目覚めて配当で生活できんのか?

経済オンチで財務諸表も読めないサラリーマンが株に目覚めました。 将来は配当金だけで生活できるセミリタイヤを目指すブログです。

マイナス金利で今後の経済市場はどうなる?!

juggle-1027152_960_720
今後日銀に預金される当座預金金利がマイナスになることが決まりましたね。

ぼくは経済のことは全くワカリマセン・・・
ですが、シロートなりにこれから経済市場がどうなるのか想像してみました。

銀行のビジネスとは

今回のニュースで初めて知ったんですが、銀行も日銀に預金して金利をもらっているですね。

これからは日銀に預けると金利を払うことになり利益が減ってしまうので、
日銀に預金していたお金を他で運用すると思います。

そこで、銀行の収支を分解してみました。(かなりテキトーです)
+は利益で―は支出です。

銀行  1. 企業 1-1 融資 融資金利(+)


1-2 社債 社債金利(+)





2. 民間 2-1 預金 預金金利(-)


2-2 住宅ローンetc ローン金利(+)


2-3 ATM 手数料(+)


2-4 その他(保険販売?) 手数料(+)





3. 他銀行






4. 日銀 4-1 預金 預金金利(+)

4-2 日本国債 国債金利(+)





5. その他 5-1 資産運用(株・金融商品  国内(+-)

 
 海外(+-)


改めてみると、銀行はお金を商品として利ざやビジネスですね。


これから銀行はどこで稼ぐ?!

日銀に預金していかお金を他で活用して稼ぐのはどこなんでしょうか。
ぼくは企業の融資、社債購入と資産運用で積極的に稼ぐんじゃないかなーと思いました。

企業の融資や社債購入で企業にお金が回り景気を刺激することができます。
また、資産運用は利回りが良い海外商品で購入することで円安ドル高を誘導することができます。

日銀がマイナス金利を導入した理由も景気刺激だと思うので、これが理想的なストーリーじゃないでしょうか。


ぼくたちに影響はあるの?!

民間の預金金利は既に低金利なのでこれ以上下げて支出を増やすと、
口座からの現金引き出しが増えて株などの金融資産で運用する人達が増えそうです。

預金金利やローン金利は大幅に変動させることはできないんじゃないかなと思います。
ローン金利を上げると住宅市場が落ち込みますからね。

投資家としては日本株の株価上昇、円安ドル高トレンドを予想しながら経過をみまもります。